ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

PANDORA

PANDORA~禁断の扉が開かれる~ 感想 ネタバレ 【虚飾に彩られた高級娼婦の世界が今明かされる!】

更新日:

 

 

「PANDORA~禁断の扉が開かれる~」の感想とあらすじ

 

 

 

 

現代の消費社会は、人間のありとあらゆる欲望を引き出し、そしてそれを煽ることでさらに消費が促され加速するスパイラルで成立しています。

 

 

 

その結果として、洋の東西を問わず男も女も性への抑制を脱ぎ捨て、極めて衝動的に互いを金で買いあうようになりました。

 

 

 

そんな欲望にまみれた金で性を買う時代の日本にドルネイ国王子が来日、歓迎レセプションが催されました。

 

 

 

レセプションパーティーでは、大物女優の美咲暎子と元レーサーの岩城恭一が夫婦揃って招待されていました。

際立った容姿の2人に、周囲からは羨望の眼差しが向けられます。

 

 

 

しかし、2人の間で交わされている会話はというと、お世辞にも美男美女の夫婦間のものと呼ぶには相応しいかどうか・・・

 

 

 

王子って事は次期国王って事ね?

ああ。今夜ベッドを共にできる女は間違いなく『お妃候補』だ

 

 

 

やがて、主賓のドルネイ国王子の入場がアナウンスされます。

「私。離婚を前提に立候補するわ。」と暎子が席を立つと、恭一も席を立ちます。

 

 

 

自他ともに認める大物女優という自信に満ちた暎子でしたが、スポットライトを浴びる王子を見る恭一の驚愕した顔に、思わず怪訝そうな表情をします。

 

 

 

その視線の先では、ドレスを着飾った十和子をエスコートする王子がいました。王子には美女のお妃候補がいたのです・・・

 

 

 

はあ・・・

私とは住む世界が違うわ・・・

 

 

 

レセプションスタッフの派遣社員の中野佳美は、自分とは異次元空間の住人のセレブたちを見てため息をつきます。

中野はこの後大失態を仕出かして窮地に追い込まれるのですが、そこに十和子が誘いの手を伸ばしてきます。

 

 

 

「PANDORA~禁断の扉が開かれる~」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「PANDORAで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

 

-PANDORA

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。