ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

6番目の殺人

6番目の殺人 感想 ネタバレ 【鳥肌系サスペンスホラー!!】

更新日:

 

 

「6番目の殺人」の感想とあらすじ

 

 

 

千佳と紗南の幼馴染2人は進学で郊外のアパートの201号室に引っ越してきます。

いわゆる事故物件のため非常に家賃の安い物件でした。

 

 

 

一応家賃の割に広いいい部屋のようでしたが、排水溝に大量の髪の毛が残されています。

苦情も兼ねて大家の挨拶に行くと、大家は人のよさそうな穏やかな感じの老人でした。

 

 

 

この後上下両隣の部屋に挨拶に向かいますが、101号室には住む子供と二人暮らしの女性がいました。

202号の住人は不気味な風貌の男でした。

301号は近所の交番勤務の警官でした。

親切にも夜間の外出には注意するように彼女たち2人に話します。

 

 

近所に店がなく、この夜はカップ麺で凌ぐことにしますが、千佳はふと窓の外に人の気配を感じます。

違和感を覚えつつも気のせいかと思う千佳。

 

 

 

翌日、念のため不動産屋に自分たちの部屋について確認します。

店員は事故物件の理由は心中未遂だったといいます。

人が死んでいないことに安堵する2人。

 

 

 

しかしその後も部屋の中でも人の気配を感じたり、鍵を閉めたはずの玄関が開けられていたり奇怪な現象に遭遇していきます。

 

 

 

また202号室の不気味な男が、カラスの死体をグリグリするなど、住人たちが異様な行動を見せ始めます。

 

 

 

アパート全体に漂う、何かおかしな雰囲気を感知した千佳が図書館で調べると、過去に何人もの住人が消えていることがわかります。

 

 

 

実はここに住むのはヤバいんじゃないのか?

千佳は不安を覚えはじめます。

 

 

 

「6番目の殺人」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「6番目の殺人で検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク(試し読みはイーブックジャパンのみ)

>>>>イーブックジャパン

 

 

-6番目の殺人

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。