ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

教室自爆クラブ

教室自爆クラブ 感想 ネタバレ 【いじめを受けた生徒による爆弾テロの連鎖!】

更新日:

 

 

「教室自爆クラブ」の感想とあらすじ

 

 

 

3年前の12月、城岩中学の新堂拓巳は学校に登校し、友人たちとこの日からの2学期の期末テストについて雑談していました。

 

 

 

ごく普通のありふれた日常は、思いもかけなかったクラスメイトの中越聖の登校で急転してしまいます。

 

 

 

中越は「きのこ頭」などとバカにされイジメをうけ、1学期の途中から不登校になっていた男子生徒です。

 

 

 

担任はテストだからと、ひとまず中越を席に座らせます。

チャイムが鳴ってテストが始まり、しばらくすると教室の中ほどの席の聖が、カバンの中から爆弾を取り出し爆発させ、クラス全員を巻き込んだ自殺をしてしまいました。

 

 

 

34人中生存者は7人、教室内は地獄絵図へと化します。

 

 

 

これが『城岩中学校爆破事件』と命名され、一連の恐怖の始まりとなった事件でした。

 

 

 

そして時は3年後、『城岩中学校爆破事件』の生存者となった新堂は他の生存者6人を城岩中学校の教室に呼び出します。新堂は集まった6人に衝撃的な事実を告げました。

 

 

 

この中に、中越聖に爆弾を渡した人間がいる!!

 

 

 

実は新堂は、事件発生後3年かけて事件を調べあげてきたのです。

権限を持たない新堂が事件を調べるハードルは高かったのですが、被害者&生存者と言う立場を有効的に活用して調査を続け、導出した結論でした。

 

 

 

突然の拓巳の発言に驚愕する6人に拓巳は話し始めます・・・

 

 

 

「教室自爆クラブ」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「教室自爆クラブで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

 

-教室自爆クラブ

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。