ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

懲役339年

懲役339年 感想 ネタバレ 【輪廻転生という思想の元に秩序作られた世界】

投稿日:

 

 

「懲役339年」の感想とあらすじ

 

 

 

「死んだ人間の魂は器を変えて新たに生ま

れてくる」という輪廻転生と神の存在を何

よりも重んじる国で、ハロー・アヒンサー

は多くの罪を重ねたとされ「懲役339年」

を科されます。

 

 

 

ハローは20年後獄中で息を引き取ります。

この国では犯罪者が懲役を残して死ぬと、

すぐさまその生まれ変わりにあたる赤ん坊

を探し出し、残りの懲役を償わせることに

なっていました。

 

 

 

10年後そこには少年ハローの姿があり

ました。やせ細った身体で自分が罪を犯し

た記憶も持たないまま、労働に励むハロー

を見て看守のアーロック・ベルマークは

複雑な思いに駆られます。

 

 

 

ハローは償いをしながらもその罪を自覚

していないのです。なんと不条理なことか。

アーロックはハローに教典を渡し、罪とは

何か、人間とは何かを懸命に説こうとします。

しかしハローはうまく理解できません。それ

でも、アーロックと触れ合うことで、徐々に

人間らしさが芽生え始めます。

 

 

 

代を重ねていくことで、ハローは刑期を

短縮していきます。そして4代目ハローの

ある日、刑務官シナトはいまは亡きアー

ロックが残した一冊の本を見つけます。

 

 

 

そこに書かれていたのは、国民の前世を

管理する出生局の不正に関する記録でした。

実はハローの大罪とは冤罪なのではない

のか?疑問がシナトの心の中に芽生え始めます。

 

 

 

「懲役339年」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「懲役339年で検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

-懲役339年

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。