ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

夢王

夢王 感想 ネタバレ 【大きな野望、めざせ夢王!】

更新日:

 

 

 

「夢王」の感想とあらすじ

 

 

 

藤崎拓哉は博多の街で、一介のスカウトマンから成り上がり、今や博多中の夜の店に女性を派遣し、ネオン街の盛衰を左右する伝説とまで呼ばれている実業家青年です。

 

 

 

拓哉が送り込む女の子は必ず結果を出し、拓哉のマネジメントする女の子に間違いはないと全幅の信頼が置かれています。

彼なくして博多の夜は立ちゆかない

 

 

 

拓哉は回想します。

始まりは10年前。高校卒業を間近に控え、拓哉は将来の針路に悩んでしました。

友人の修にはシンガーソングライターの夢があり、上京することを目標にしています。

しかし、拓哉は夢も目標も何もなく、ただ単純に美容専門学校への進学し実家を継ごうと漫然と考えているだけでした。

 

 

 

幼馴染みの真由美も同じ美容専門学校へ一緒に通うと決めた時に、先輩がポルシェで拓哉と昇をホストに勧誘しに母校へやって来ました。

 

 

 

拓哉たちは、安易にホストに夢があるのではないかと思ってしまい、博多でホストをしながら、専門学校へ行くことにします。

 

 

 

ところが、ポルシェは借り物で先輩も売れないホストだと客から聞き、さらにその客が嫌がらせをしてきたので、早くも音をあげてしまう友人たち。

 

 

 

その一方、「1人も客がとれないまま逃げるなんて嫌だ」とキャッチに向かう拓哉。

必死でスカウトとして仕事を続けるうちに見えてきたものがありました。

 

 

 

20歳の時に会社をつくり、8年間突っ走って今があります。

夢は叶いました。

そしてまた新たな夢を描きます。

 

 

 

10年かかったが、また次の夢を叶えるのに10年かければいい。

そうした積み重ねを大きくしていけば。

まだまだ人生これからだ。

夢を掴む王になってやる。夢王に。

 

 

 

「夢王」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「夢王で検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

 

-夢王

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。