ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

医龍

医龍 感想 ネタバレ 【怒濤の院内革命が始まる!!】

更新日:

 

 

「医龍」の感想とあらすじ

 

 

 

遠く日本を離れたアフリカ某国難民キャンプNGO医療施設にとある医療チームがいました。

 

 

 

そのチームを、周囲は畏敬の念で医龍、チーム・メディカルドラゴンと呼んでいました。

チームを率いていたのが日本人の天才外科医の朝田龍太郎。

 

 

 

日本の低レベルな医療技術、形だけの無意味な権威主義に染まりきっていた加藤晶は、満足な設備もないテント内で実施された緊急外科手術の朝田の腕に驚嘆します。

チーム構成とその統率力。

これに比べたらバカ殿君臨の封建的な日本の医療なんて三流の下!

 

 

 

4年後、明真大学付属病院の心臓外科助教授となった加藤晶は、東北の片田舎に住む朝田を自分の大学病院にスカウトすべくやってきます。

加藤もNGOでの経験から日本の医療には改革が必要だと痛感していました。

加藤はバチスタの手術とチーム人選を朝田に委ねるという条件を出します。

 

 

 

しかし朝田は、日本の大学病院は嫌いだとやんわりと拒否します。

やなこったい!

帰り際に朝田と同棲中の看護師のミキが呼吸停止で倒れているのが発覚します。

 

 

 

ミキは肺気胸でした!

倒れてから時間が経ちすぎているので今緊急手術をやるしかないのですが、2人の医師がいても手術を行える道具すらない・・・

 

 

 

朝田は突然ボールペンを手にとると、外側の筒だけを取り出し2つに折り、ミキの脇腹に突き刺して内部の空気圧を逃がし、肺を膨らませます。

これぞ救命治療。

 

 

 

緊急措置で息を吹き返したミキ。

思わず施術してしまった朝田は、まだ医者だったということを認め加藤の条件をのむことにしました。

 

 

 

「医龍」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「医龍で検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク(試し読みはイーブックジャパンのみ)

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

-医龍

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。