ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

保安官エヴァンスの嘘

保安官エヴァンスの嘘 感想 ネタバレ 【今日もモテる為に祝福なき死闘】

更新日:

 

 

「保安官エヴァンスの嘘」の感想とあらすじ

 

 

 

「恋?愛?何それ、おいしいの?」

北斗の拳の修羅の国のように、強き者が掟であったアメリカ西武開拓時代。

 

 

 

西部の荒野にあらゆる犯罪者が最も恐れる保安官がいました。

その名はエルモア・エヴァンス。

 

 

 

父親も保安官の保安官一家に育った彼は、幼少時代から父に一流の保安官になるようエリート教育を受けていました。

しかし、彼が保安官になりたがったのはタダ単に

モテたい

からでした。

 

 

 

一家に流れる保安官の血に目覚め、才能を開花させたものの、エヴァンスはいまだに彼女いない歴=年齢、つまり童貞でした。

 

 

 

モテたいがため、女性の前でついカッコつけてしまう彼は、実際モテないこともないのですが、微妙なところで思惑通りにならず、今日もモテるために祝福なき(=無駄な)死闘を繰り広げてゆきます。

 

 

 

彼の近くには、オークレイという賞金稼ぎの女性がいます。

エヴァンスのライバルで超一流の銃の腕前を持っていますが、これまた「タダの射撃バカ」で、恋愛経験はありません。

彼氏いない歴=年齢の生娘です。

 

 

類は友を呼ぶ。

お互いに相手が気になりながらも、「まあ、向こうにその気があれば付き合ってやらなくもないけどぉ」と思っています。

 

 

 

「保安官エヴァンスの嘘」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「保安官エヴァンスの嘘で検索してくださいね♪

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

-保安官エヴァンスの嘘

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。