ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

亜獣譚

亜獣譚 感想 ネタバレ 【人と獣の魂の慟哭を描く異色ダークファンタジー】

更新日:

 

 

「亜獣譚」の感想とあらすじ

 

 

 

害獣駆除兵のアキミア・ツキヒコは害獣を捕え捕縛しナイフで刺し殺そうとしていました。

しかしその時、顔を包帯でぐるぐるに巻いた学生に邪魔をされます。

害獣は逃げてしまいます。

 

 

 

怒ったアキミア公務執行妨害で学生を捕らえ、殺そうとします。

すると学生に呼び戻された害獣に襲われ、空へと連れ去られそうになります。

ツキヒコは害獣の目を刺し、何とか難を逃れますが落下し負傷して気を失ってしまいました。

 

 

 

目を覚ますとツキヒコの目の前に大きなオッパイがあります。

衛生兵のホシ・ソウがツキヒコの傷を処置してくれていたのです。

ソウは通信機器を無くして困っていること、害獣が大好きな弟を探していることを話します。

 

 

それを聞いたツキヒコは邪魔した学生が弟かもしれないと考え、自分は害獣駆除兵に危害を加えた弟を殺すかもしれないと答えます。

それを聞いて驚いたソウは「弟を助けてほしい」と懇願します。

すると、ツキヒコは助ける条件として自分との結婚を条件にします。

「嫌なら一人で逃げなさい」というアキミア。

ただしその場合は弟は必ず殺すと。

ソウには考える時間を与えられました。

 

 

その時赤ん坊の声が聞こえてきたので2人で行ってみると、そこには羽の生えた害獣化した赤ん坊がいました。

害獣駆除兵としてアキミアはあっさりとナイフを突き刺し一撃で害獣の命を奪いました。

この一連の行動をみていたソウは驚き恐れ、弟を見逃すようにお願いした上でツキヒコとの結婚を承諾します。

 

 

そこに突然巨大な害獣が現れます。

武器をもっていないアキミアは逃げるしかありません。

アキミアはホシを背負うと逃げ出します。

 

 

木の上に逃れたアキミアとホシですが、もうこれ以上逃げ場はありません。

アキミアの出血が酷いのですが、地上では害獣が待ち構えており、このままでは身動きがとれず2人は餓死してしまいます。

絶体絶命のピンチに陥った2人はどうなるのでしょうか・・・

 

 

 

「亜獣譚」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「亜獣譚で検索してくださいね♪

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

 

-亜獣譚

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。