ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

モリのアサガオ

モリのアサガオ 感想 ネタバレ 【死刑を執行する側とされる側】

投稿日:

 

 

「モリのアサガオ」の感想とあらすじ

 

 

 

元拘置所長の父親を持つ及川直樹は、

なにわ拘置所の死刑囚宿舎に配属されます。

コネで入ってきたとネガティブな噂話をたて

られる直樹は父親の顔に泥を塗らないように

と気を引き締め仕事に取り組もうとします。

 

 

 

直樹が対応するのは死刑確定囚21名。

直樹が刑務官研修時に出会った、いつかは

社会復帰する囚人達とは犯した罪の重さが

全く違いました。全員が人殺しです。

 

 

 

それも単なる人殺しではなく、異常な殺人

を犯した凶悪犯ばかりで、直樹がかつて

見聞きした有名な事件の犯人も収監されていました。

 

 

 

ここの囚人達は直樹のイメージとは全く

違っており、質素な部屋でただひたすら

静かに執行を待って過ごしているのではなく、

お金で必要なものを購入できる等結構自由

がありました。これから死にゆく身なので

国も大目に見ているところもあるのでしょうか。

ただし当然のことながら、死刑囚ですから

手にすることが禁じられている物品は多い

のでしょうが、衣服・お菓子・雑誌など

かなり融通が利きそうです。

 

 

 

死刑確定囚の中に石嶺明がいました。

石嶺は18年前に7人の女性をレイプし

殺害した凶悪犯です。

 

 

 

日頃の態度が悪く横柄な物言いもあり、

直樹は石嶺を快く思っていませんでした。

とても反省しているようには思えない・・・

正義感の強い直樹はどうしても許せません。

久しぶりの大福配給の日、直樹は怒りから

石嶺の支給分を食べてしまいました。

 

 

 

石嶺は大福が大好物でした。普段態度の

悪い石嶺は、直樹が自分の大福を食べて

しまったのを見ると「だ、大福が・・・」

と泣き崩れます。

 

 

 

余りにも落ち込む石嶺を見て、バツの悪さ

と済まなさを感じた直樹は私費で大福を

買い求め、翌日石嶺にそっと手渡そうと

しましたが、時すでに遅く、石嶺の死刑が

執行された後でした。

 

 

 

極悪人とはいえ、石嶺はどんなにか大福を

食べたかったことだろう・・・この一件から

直樹は深く後悔し、他の囚人達へも悩み

苦しみながら対応していきます。

 

 

 

しばらくすると直樹の下に殺人犯・渡瀬満

が収容されます。

渡瀬と直樹。本作のメインストーリーの

2人がそろいます。

今後の展開は本編を。

 

 

 

「モリのアサガオ」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「モリのアサガオで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

 

-モリのアサガオ

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。