ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

ホーリーランド

ホーリーランド 感想 ネタバレ 【自分の存在をかけた下北ヤンキー狩りボクサー・ユウ】

更新日:

 

 

「ホーリーランド」の感想とあらすじ

 

 

 

華奢な高校生神代ユウは、中学生時代イジメにあい不登校を繰り返していました。

 

 

 

そんなユウには実は裏の顔が。

ユウは夜の街で自分に絡んでくる不良を返り討ちにする不良狩りでした。

といってもユウからすれば正当防衛ですが。

 

 

 

ある夜、下北沢で不良グループが噂話をしていました。

ここ一ヶ月で下北沢の不良が4~5人やられている。

やったのは最近噂になっている不良狩りのボクサー。

 

 

 

不良グループのリーダーの神代マサキは不良狩りに興味を示します。

 

 

 

マサキは高校時代はIHのボクシング選手でした。

仲間にボクシングとケンカの違いを自ら実演しながら教えます。

 

 

 

するとちょうど目の前を、ユウにKOされた不良が通りかかったのを見て、相手の人相を聞くと探しに出かけます。

 

 

 

偶然マサキはユウを見つけますが、余りにも華奢なユウを不良狩りと思わず、別の人間を探します・・・

 

 

 

ユウの高校でも不良狩りの話は噂になっていました。

不良達が躍起になって不良狩りを探している事を耳にしたユウは不安に襲われます。

もう街に行くとマズイとわかっている

でも居場所はそこにしかない・・・

ユウはまた夜の街に繰りだします。

 

 

 

面も割れているユウは、早速復讐を挑まれますが、1度目は相手につかまれるハプニングを乗り越えKOで撃退します。

 

 

 

しかし、2度目は10人がかりで包囲網を形成され、しかも相手は柔道部の不良を担ぎ出しています。

 

 

 

その情報を聞いたマサキは現場に駆けつけます。

すると先日見たユウがいるのを見て驚きます。

 

 

 

アイツだったのか・・・

 

 

 

最初の攻撃で尻餅をつかさせたものの、柔道部員の相手は頑丈です。

ユウはつかまれると叩きつけられます。

 

 

 

ここで終わりかと思われた瞬間、ユウは立ち上がりました。

抵抗しなくちゃ、という強迫観念が彼を支えていました。

 

 

 

相手も本気で攻撃してきます。

ユウは相手につかまれる隙をついて、踏み出した足をとめると、左カウンターを叩き込んでKOします。

 

 

 

ユウの素質を認めたマサキは、相手方のメンバーに睨みを利かせると再会を約して別れます。

 

 

 

「ホーリーランド」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「ホーリーランドで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

 

-ホーリーランド

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。