ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

フェチの穴

フェチの穴 感想 ネタバレ 【貴方がハマるのはいったいどの穴?】

更新日:

 

 

「フェチの穴」の感想とあらすじ

 

 

 

指宿悟は警視庁保安課査察係の刑事です。

ある日、性風俗店一斉捜索にあたり調査のためのぞき部屋に客を装って立ち寄ります。

その店は客が女子高生「風」の女子たちの何気ない日常の室内行動をマジックミラー越しにただ見るだけです。

 

 

 

しばらく彼女たち「大人」女子高生を観察していた指宿は、一見地味でメガネをかけ、難しそうな本を読んでいる女の子を指名します。

指名されると、その女の子はマジックミラーのそばにやってきて、パンツが見えるように体育座りをします。

 

 

 

当初は職業柄何も感じなかった指宿は、女の子がチラチラ自分の方に目を向けるのを見て、ミラー越しの客を意識しているのを察し始めます

ま、まさかこの娘は見られる事で見せる事で興奮しているのか?

 

 

 

指宿は妄想とも現実ともつかない、目の前の女の子の痴態、欲情をそそる表情に思わず興奮してしまいます。

誘って・・・誘っているのか?

なんてやらしい

気が付けば指宿はアレを硬くしていました。

この娘の性癖は天性の妖しさなのか、店の醸し出す雰囲気によるものなのか?

 

 

 

いずれにしても、直接的な性的サービスはないものの、指宿はこの手の需要の根強さを実体験で理解します。

あの女の子の将来は決して明るくはないだろうことを憂いながら。

 

 

 

数年後、指宿は選挙の候補者として演説する彼女の姿を認めます。

彼女は大衆注目の中、見られたい願望との折り合いをつけているのです・・・

 

 

 

「フェチの穴」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「フェチの穴で検索してくださいね♪

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

-フェチの穴

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。