ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

ザ・ファブル

ザ・ファブル 感想 ネタバレ 【殺しのプロとして“一般人”になりきれ?】

更新日:

 

 

「ザ・ファブル」の感想とあらすじ

 

 

 

殺し屋ファブル。昆虫記じゃありません。

6年間で71人も殺した裏社会殺し稼業のプロ中のプロ。

 

 

 

今日もヤクザ1組を電光石火の早業、あの映画「レオン」顔負けの仕事で5人を死に追い込んで潰してしまいました。

 

 

 

組織との待ち合わせ場所へ向かう車中でくつろぐファブルは、TVのお笑い番組で笑い転げます。

5人を殺して笑えるこの図太い神経・・・

 

 

 

しかし、組織元締めに

今年は殺りすぎたから休業だ

と言われ、用意された保険証と運転免許書、今年の報酬5000万を手に、サポート役の女とともに急遽大阪へいくことになって

しまいました。

一般人佐藤明として。

サポート女は偽の妹佐藤洋子として。

 

 

 

従って休業中は狂暴なファブルを封印しなくてはなりません。

 

 

 

大阪では、組織のコネで真黒組というヤクザの世話になることになっています。

 

 

 

ただ平和な生活を知らない明は、大阪に向かう途中の高速SAで捕まえた車上荒らしを、いつもの調子で半殺しの目にあわせ、洋子からさんざんダメだしを喰らってしまいます。

 

 

 

平和な生活を自然に送ることは、明には人殺しとは違ってかなり難しいタスクのようです。

 

 

 

「ザ・ファブル」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「ザ・ファブルで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

-ザ・ファブル

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。