ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

エロスの種子

エロスの種子 感想 ネタバレ 【求む!自分によく似た若者】

更新日:

 

 

「エロスの種子」の感想とあらすじ

 

 

 

学生の蒼井幸太郎は、日下部教授の講義中豪快に船を漕いでいるのを見咎められ、研究室に呼び出されて事情を聞かれます。

幸太郎が経済的に困っており、その為の仕事で夜十分眠れないとわかると、日下部は書生として自宅に迎え入れます。

 

 

 

そこには日下部の若き妻、珠子がいました。

父娘ほど歳は離れているが戸籍上では私の妻だ・・・

美しい珠子のおかげで下宿しても勉学に集中できない幸太郎です。

 

 

 

ある夜、階下で珠子の嬌声が聞こえてきたので思わず様子をうかがうと、日下部に体を弄ばれてヨガっている珠子と目があって

しまいます。

さらには日下部とも。

 

 

 

日下部はやめるどころか、尚も珠子の乳首をつまんで弄んでいました。

幸太郎は思わず自室に引き下がりました。

翌朝何事もなかったかのように珠子は幸太郎に接します。

 

 

 

ある夏の日、嵐で日下部が家に帰らないので、幸太郎は珠子と2人きりの夜を過ごします。

 

 

 

暗くなったうえに雷が鳴り響き、それが怖いのか、珠子は

旦那さまの代わりに側にいてください

と懇願し、幸太郎の胸に身を寄せてきます。

 

 

 

幸太郎はどうなっても知らないと告げて、結局珠子を抱いてしまいました。

しかし初めての事なので入れる前に果ててしまいます。

そこに日下部が帰宅します。

日下部は珠子も初めてだと言います。

 

 

 

珠子を全裸にし、股を開いて秘部をよく見えるように広げた日下部は幸太郎にアノ場所を示し、

私は事情があって珠子を抱けない

私の指で慰めてやったりしたのだが、どうもそれだけでは満足できんらしい。

キミのその若さではちきれそうなモノで珠子を掻き回してやってくれるか

 

 

 

抗えない幸太郎は、今度はうまく中に出すことに性交します。

 

 

 

20年後、事業で成功した幸太郎のもとに身内という珠子そっくりの若い女性が訪れます。

 

 

え?珠子?

私は透子と申します。

珠子は私の母です。

 

 

 

幸太郎の脳裏に日下部の言葉が蘇ります。

キミはどこか私の若いころに似ている

父娘ほど歳は離れているが、戸籍上では私の妻だ・・・

 

 

 

ああ、20年前日下部が言っていたワケあって珠子を抱けないというのは実の娘だから抱けないだったのか!

 

 

 

透子は自分の娘。

じゃあ自分も自分によく似た若者を探さなくては

と透子を抱きしめるのでした。

 

 

 

「エロスの種子」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「エロスの種子で検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

-エロスの種子

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。