ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

ぼくは麻理のなか

ぼくは麻理のなか 感想 ネタバレ 【麻理の意識はどこ?】

投稿日:

 

 

「ぼくは麻理のなか」の感想とあらすじ

 

 

 

大学生の小森功は大学には通っておらず、

毎日家にこもってゲームと一人エッチで

時間を潰していました。

 

 

 

田舎から上京してきた小森は周囲と馴染

めず、気がつけばぼっちでした。その孤独

な雰囲気に耐えきれずにドロップアウトし、

現在に至ります。

 

 

 

その小森が唯一心の安らぎとしていたのが、

いつもコンビニで見かける女子高生・吉崎

麻里でした。誰が見ても超一級の美少女な

ルックス、女子高生特有の甘美な香りを身

にまとい、街中を闊歩していました。

 

 

 

小森は「コンビニの天使」と勝手に呼び、

コッソリと尾行して眺めるのがいつしか

日課になっていました。

 

 

 

ある日、小森がいつものように吉崎麻里の

帰りを後ろから尾けていると、吉崎麻里が

突然立ち止まって視線を自分に向けた瞬間、

小森は気を失ってしまいます。

 

 

 

翌朝意識を取り戻した小森は、見たことが

ない部屋にいました。違和感はそれだけ

ではありません。そう小森は「コンビニの

天使」、吉崎麻里になっていたのです。

 

 

 

2人の人格がいつの間にか入れ替わった

のか-一瞬喜んだ小森ですが、現実から

目を背けることはできません。

 

 

 

今の状態をいくら説明しても、麻里の家族

や友人たちが信用するはずはありません。

麻里になり切らなければ・・・麻里の身体

を見ないように注意しつつ、ぎごちなく

身支度を整える小森。

 

 

 

そこであることに気がつきます。

ボクはここにいる。

じゃあ、麻里さんはどこに?

 

 

小森は目下最大の難関、学校に向かいます。

「吉崎麻理」として振る舞おうと奮闘しま

すが、非モテニートヲタでは付け焼刃にも

ならず、繕いきれずに出るボロの数々。

と、そこを麻理のクラスメイトで、密かに

強い憧れの気持ちを抱いていた柿口依に

「誰なの?キミは・・・」と勘づかれ、

ついには事情がばれてしまいます。

 

 

 

しかしこのおかげで、依という理解者を

得ることができた小森は「憧れの存在」の

麻理の意識の行方を追うべく行動をはじめ

ていきます。

 

 

 

「ぼくは麻理のなか」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「ぼくは麻理のなかで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

-ぼくは麻理のなか

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。