ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

ひとつばな

ひとつばな 感想 ネタバレ 【それは心に花が咲く、しかしそれは決して咲かせてはいけない花】

更新日:

 

 

「ひとつばな」の感想とあらすじ

 

 

 

ひとつばな-それは心に花が咲く、しかしそれは決して咲かせてはいけない花。

 

 

 

倉内明斗は口数の少ない中学生でした。

「倉内ロボ」それが明斗のあだ名。

 

 

 

しかし、明斗には明るく話しかけてくる女子生徒がいました。

明斗の口に豚まんを放り込む無邪気な女の子は先輩の朱石ゆい子。

 

 

 

1年半前の夏、園芸部の明斗が誰もいないと思った花壇で散水しているとずぶ濡れになったのがゆい子だったのです。

 

 

 

明斗はふざけて水遊びをするゆい子に一目惚れをしてしまいます。

そして大胆にも「好きです」と告白までしてしまったのでした。

 

 

 

その時以来、未だ返事はもらえていないものの毎日のように校内で会い、また連絡先も交換した明斗は、ゆい子ことを日に日に好きになっていきます。

 

 

 

他人には全く関心がないと思っていた明斗でしたが、ゆい子との出会いでそんなことはなかったのだと自覚したのでした。

 

 

 

明斗からすればゆい子は純粋で無垢な女の子。

しかしその正体は違っていたのです。

ゆい子には片思いの男子生徒・三好がおり、「彼女がいてもいい、今まで通りセフレでもいいから」と言うようなビッチな性格でした。

 

 

 

ゆい子が明斗の前では見せなかった女の表情に明斗は衝撃を受けます。

自分とゆい子の間は特別な何かがあると信じていただけに。

 

 

 

校内では地味で根暗な男子生徒に過ぎず、誰も見向きすらしなかった明斗にとって、ゆい子はまさに「ひとつばな」だったのです。

 

 

 

明斗はゆい子を追いかけ振り向かせ手に入れるため、イメチェンをし、ゆい子と同じ高校に通うために猛勉強し、見事首席で入学します。

 

 

 

明斗にはどんな高校生活が待ち構えているのでしょうか?

 

 

 

「ひとつばな」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「ひとつばなで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク(試し読みはイーブックジャパンのみ)

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

 

 

-ひとつばな

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。