ロイエンタールの電子コミック感想サイト

電子コミックでいこう!

これは恋のはなし

これは恋のはなし 感想 ネタバレ 【10歳の少女が好きになったのは31歳の小説家】

投稿日:

 

 

「これは恋のはなし」の感想とあらすじ

 

 

 

少女は思った「そばにいたい」と。
男は感じた「放っておけない」と。

 

 

内海真一、小説家、31歳。

新進気鋭の小説家としてデビューしたのも

過去の話で、スランプに陥った今は田舎に

引きこもり中です。

 

 

 

真一の棲家は祖母から引き継いだボロ屋

で、庭はあるものの荒れ放題荒れまくって

いて近所の子供たちからはお化け屋敷と

呼ばれていました。

 

 

 

そこへ、猫を連れた森本遥が場所の提供を

お願いしに来ました。遥は10歳。

つまり「世話はするから猫を置かせてくれ」

 

 

 

ガキの衝動飼いに付き合ってられんと

一旦は断りかけた慎一ですが、遥のどこか

はかなげで憂いを帯びた目、子どもらしい

元気さや無邪気さのない表情に、つい許可

を与えてしまいます。

 

 

以後遥は頻繁にやってくるようになり、

後片付けやご飯の支度などもこなします。

慎一も父親代わりというわけではないの

ですが、遥のことを気にかけるようになり、

2人の距離はだんだん近づいていきます。

 

 

 

もちろん歳の差はいかんともしがたいもの

があります。しかし遥は、恋愛感情という

より寂しさを抱えて家族を求めて真一の

そばにいるような感じです。

 

 

 

一方の慎一も、一度遥を避けたときの

荒れてしまった生活、原稿を落とすくらい

の動揺、ふと感じた父性本能・・・遥の存在

は大きくなっていました。

ちなみに本作はロリコンやエロネタはありません。

 

 

 

「これは恋のはなし」はこちらで

 

 

 

無料試し読みもあります。

いずれも「これは恋のはなしで検索してくださいね♡

○スマホの方

>>>>まんが王国

>>>>ComicFesta

○PCの方

>>>>BookLive!

 

 

〇直リンク

>>>>イーブックジャパン

>>>>ユーネクスト

-これは恋のはなし

Copyright© 電子コミックでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。